2016年5月31日 (火)

新サイト「ささいな恐怖」ボチボチ作成中です

現行の「GIMAでございます」を置いているniftyのスペースが今年9月までなので、新しいスペースに移行して、サイト名「ささいな恐怖」として作成中です。
数日に2~3編のペースでUPしております。お話の内容は現行サイトと同様ですが、新サイトをブックマークしていただけると、ありがたいです。
既公開作をすべてUPいたしましたら、引き続き新作もUPしていきます。よろしくお願いいたします。
ささいな恐怖

| | コメント (2)

2016年4月22日 (金)

サイトを作り直します

現在サイトを置いているニフティのホームページ・スペースが今年の9月で閉鎖されるため、サイトの移転にともない、この際リニューアルしようと思います。
コンテンツは「ささいな恐怖」に特化し、サイトタイトルも「ささいな恐怖」にする予定です。
サイトURLは
http://sasaina-kyoufu.g.dgdg.jp
となる予定ですが、現在はまだ何もUPしていませんので、リンク先に飛んでも何も出ません。
黒神由貴シリーズも引き続き書き続けますので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

2015年3月 1日 (日)

今日も嫌がらせ弁当

思春期で反抗期のお嬢さんに、キャラ弁であれやこれやと小言や口を書き連ねたお母さんの話。

まだ読んでいないけれども。
知り合いの、シングルマザーさんに進呈してみよう。

| | コメント (0)

2014年12月10日 (水)

温泉博士1月号に掲載されています

現在発売中の月刊「温泉博士」2015年1月号に、私の温泉レポートが掲載されています。
よろしければご覧になってみて下さい。

| | コメント (0)

2014年10月11日 (土)

「青い体験」DVD

イタリアのお色気女優ラウラ・アントネッリ主演のエロティック映画。手っ取り早く言えば童貞喪失もの。童貞喪失ムービーはたくさんあるが、これが屈指だと思う。無修正とあるが、ヘアシーンは一瞬。あれ。なんで私はそれを知っているんだろうと思ったら、大昔、ビデオテープで輸入物を購入して、見たのだった。いやまあ、エロイのはエロイです。今でもドキドキはすると思う。

| | コメント (0)

2014年10月10日 (金)

温泉博士11月号に掲載されています

ただ今発売中の月刊「温泉博士」11月号「ひ・た・れ・り・つ・く・せ・り」のページに、私の温泉レポートが掲載されています。
いつも通り、無料で温泉に入浴出来る温泉手形もあります。
書店で手に取ってみて下さい。

| | コメント (0)

2014年9月22日 (月)

フォロワーさんとのやりとり

先日、フォロワーさんとツイッターでやりとりしました。
このフォロワーさんも風俗業にたずさわっている方です。

風俗嬢の毒舌な妹bot
お店の女の子をご飯に誘うくらいいいじゃないってよく言われる。
そもそも外で会おうと誘おうとすること自体ルール違反なのになぜ?

GIMA(ギマ)
誘ったわけではなくて、「今度**日に行くね」と連絡すると、「じゃあ店に出る前にご飯一緒に食べようか」なんて嬢から言われて、食事するのはアリと考えてよろしいんですよね? 昔の体験談ですがw

風俗嬢の毒舌な妹bot
女の子から言う場合は何かメリットがあると思っているからでしょうね。
自分にもメリットがあると思えば行けばいいですし、ないと思えば行かなくていいものだと思います。

GIMA(ギマ)
嬢にとってのメリットって、あったのかなあ。食事代はおごってくれましたしねー。常連をつなぎ止める営業の一環と言えば言えるかも知れませんが、そんなのがなくてもオキニである事に変わりはありませんでしたしねー。惚れられてるかもと思うほどウブでもないですしw

風俗嬢の毒舌な妹bot
でも、何かしらのメリットがあったんでしょうね。
人にはよるので、詳しくはわかりませんが、何もメリットなくてなかなか誘えるものではないです。
メリットはお金に関することだけではないですしね。

GIMA(ギマ)
そうですね。嬢と客という関係ではありましたが、いつも気持ちよく(性的な意味ではなく)応対してもらっていましたね。親しく話せる間柄にはなりましたが、お互いに、過度になれなれしくなったりはしませんでしたし。いい思い出です。

風俗嬢の毒舌な妹bot
それがいい距離ですよね。
いい距離のお客様という安心感は非常に大きなものだと思います。
そういうお客様が多いといいんですけどね…。。

GIMA(ギマ)
ああ、「いい距離」という表現、非常にありがたいです。いくら親しくなったとは言え私も客の一人ですから、それなりに気を遣ってくれていたとは思いますが、ベッドに横になっている時に嬢が眠ってしまう程度には緊張を解いていてくれたかなと。
それでは本日はこれにて。

| | コメント (0)

2014年9月19日 (金)

ソープの思い出32

久々にソープこぼれ話。
ソープ嬢にプライベートな事を聞いたりはしないので、彼女たちが自分から話した事以外は知らない。
それでも、ほんの少し、うっすらと彼女たちの人生が垣間見える事は、ある。(続く)
「家を買う」と言っていたシングルマザーの嬢、こちらから聞いたわけではなく、どういうきっかけだったか、実年齢や子持ちである事を教えてくれた。「ほんまに? 妊娠線とかないやん」と驚いた私が思わず聞くと、「あるよ。ほれほれ♪」と見せてくれた。(続く)
その嬢とはまた別で、結婚歴があった嬢がいた。(結婚歴がある嬢はゴロゴロいる)
「あたし、子供ができないから」と、あるとき彼女が言った。
離婚(たぶん離婚したのだと思うのだが)理由はそれかな、と思った。(続く)
これまで何度も書いた韓国籍ソープ嬢。韓国籍と書いたが、日本での永住権を持っていた。彼女の出身は釜山で、釜山にいた頃は飲み屋で働いていたそうだ。その頃から売春的な仕事をしていたのかは不明。その時か日本に来てからか、日本人と結婚して彼女は永住権を得た。(続く)
結婚して永住権を得てから小倉のソープランドで働く事になった経緯は聞いていない。私が彼女と出会った時点で、彼女は離婚していた。離婚しても永住権は残るので、彼女は強制送還とかそういう事には関係なく、小倉で仕事と生活ができた。(続く)
退店した嬢のその後を知る事はほとんど不可能と言っていいのだが、唯一の例外が、韓国籍の嬢。彼女の場合、退店後は新人のトレーナーになった。ソープでのプレイ内容やその流れを教える役目。その他に、店内の掃除や閉店後の片付けなどもやっていたようだ。(続く)
以前にもちょっと書いたが、退店理由が年齢的にキツくなってきたという事だったので、店内の雑用もキツくなってきて、そんな頃、オーナーの奥さんの紹介で、再婚したという。(オーナーの奥さんとは仲良しで、買い物とか食事にもよく行っていたそうだ)(続く)
続くとはしたものの、知っているのは実はここまで。ヘビースモーカーだったし現役の時にちょっと身体をこわして入院したりもしたので、今も元気かどうかが心配。馴染みのソープ嬢と言うよりは、もう少しだけ好きな女性だったから。彼女曰く、私は弟みたいなんだそうだw
縁あって知り合った愛すべき風俗嬢の彼女たちみんな、幸せな人生を送っていますように。

| | コメント (0)

2014年9月 3日 (水)

ソープの思い出31

小倉の韓国籍ソープ嬢と雑談していて、よく指名するお客の中に、70歳だか80歳だかぐらいのご老人がいるというので、驚いて、 「……出来るの?(ご老人が能力的に)」 と訊くと、 「出来る」と言うので、さらに驚き、かつ感心した。
前にもちらっと書いたけど、この韓国籍ソープ嬢は年齢的にはけっこういっていたけれど、その分気配りも出来る女性で、接客もていねいだったと思う。だから指名もかなり取っていた。

| | コメント (0)

ソープの思い出30

画像は麻生早苗さんというAV女優です。以前、私がソープこぼれ話でエピソードをいくつか書いた、シングルマザーで家を買った嬢、この麻生早苗さんにそっくりでした。実際、本人なのではないかと思ったほどで、DVDを見て確認したりしました。

71c0cfe6
顔だけではなく、体つきなどのプロポーションもDVDと自身の記憶wを比較して、麻生早苗さん本人ではない、別人だという結論に至りましたが、なんかドキドキしましたね。美人だし、接客はていねいだしで、かなりの指名がついていたはずです。
顔の輪郭とか、涼しげな目元とか、ほんとにそっくりでしたね。ただ、麻生早苗さんの公式データによる身長と嬢の身長がかなり違っていたのと(嬢は小柄でした)、バストの形が乳首形状も含めて微妙に違っていたのでw
元気にしてるかな。お嬢さんも大きくなってるはずだけど。

| | コメント (0)

«ソープの思い出29