« おすすめの実話系恐怖本:追記 | トップページ | 新耳袋へのツッコミその2 »

2005年6月22日 (水)

新耳袋へのツッコミその1

というわけで、さっそく「新耳袋」にツッコミを。

第2夜の「ゴースト・バスター」という話で、編者はいわゆる「拝み屋」と共に、怪奇現象が起きる居酒屋へおもむく。
到着して「拝み屋」が取り出したのは、編者いわく、
「電磁波形機のようなもの」
「これで霊気のある場所を物理的に特定できるとか」

・・・って、おい!

そもそも「電磁波形機」って、なんやねん!

本職が技術系の私としては、激しくつっこませてもらうぞ!
そんな機械はねーよ!
だいたい、霊気を数値化できるようなセンサーなんか、聞いたこともないし。毎年、エレクトロニクス・ショーで新製品のセンサーを見るようにしてるけど、そんなものが開発されたら、学会に発表もんじゃん。
ふん?
個人が独自に開発?
笑わせちゃいけないな。「拝み屋」ごときにひょいひょいと開発できるほど、センシング・テクノロジーは甘くありませんぜ。
単にもっともらしい機器で、ハッタリかましてるだけだろうなあ。
それをまんま信用する編者も編者だけどねえ。

|

« おすすめの実話系恐怖本:追記 | トップページ | 新耳袋へのツッコミその2 »