« ミイラさん | トップページ | おじさん遊ばない? »

2006年8月18日 (金)

間取り図と神

「間取り図とは神の視点」という意の文章を読んだ。
本気で言っているのか、ある種の比喩なのか、ま、私としては「ふうん」としか思えなかった。
言い切るのは危険であるが、技術的な視点を持った人の文章ではないな、と。
「もの」の3面図。「箱」の展開図。組み立て図。
神の視点……と言えば言えるかもしれない。
けれど、それは頭に描いたイメージを具体化するために必要な技術だ。
人の英知であって、「神」の所行ではない。

理系文系などと分けるつもりはないけれど、文系の人というのは、こういう思考をするものなのか。
つーか、こういう思考の人はロジカルな推理小説は書けないのではあるまいか?

|

« ミイラさん | トップページ | おじさん遊ばない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116697/11500384

この記事へのトラックバック一覧です: 間取り図と神:

« ミイラさん | トップページ | おじさん遊ばない? »