« 似てる…… | トップページ | バカの嵐 »

2006年11月 1日 (水)

「本」の思い出

現在、「てのひら怪談(仮題)」の発行に向け、ポプラ社の担当者の方はあれこれと忙しくされているのだろうか。
自分の文章が初めて活字となって書籍になる方、楽しみでwktkなんだろうな。

自分の文章が本になるといえば、思い出深いのは岩波書店から発行された、「この温泉が好きだ!」でございます。

http://homepage1.nifty.com/gimagima/kono-yu.htm

企画は岩波書店から持ち込まれたものだったけど、そこから先の取材先選定から取材、執筆まで、すべて「日本秘湯に入る会」の会員が手弁当でやったもんな。
企画が立ち上がると同時にメーリングリストも作成され、取材状況/執筆状況がほぼリアルタイムでわかり、わくわくしたものです。
原稿をメールで送ってからは、岩波書店の担当者の方と「入る会」会長が校正されたわけで、私も含めた執筆者の手を離れました。
それ以降もメーリングリストで進行状況が知らされ、会員たちはもう、わくわくドキドキ。

本が出版されて数ヶ月した頃、出版記念オフも催されました。
「超」-1オフでは不参加でしたが、こちらには私も参加しました。
実質2時間ほどのオフでしたが、楽しかったなあ。
本に掲載された文章は、枚数の関係でずいぶん削られ、私の元の文章からずいぶん変わってしまいましたが。「~でしょう」「~でしょう」という末尾の文章が連続して、「こんな文章書いてないよー」なんて思ったものです。

ところで話題の「てのひら怪談」ですが、まもなく送られて来るであろう原稿は、「ゲラ校正」のためなんですよね?
なんか巷では「本のためにリライト云々」という意見も出ているようですが。
「問題がなければこの通りに掲載します」という確認のために送ったら、ガラリと変わって返信されてきたとなったら、担当の方は困惑するのではないのかな。

まあでも、楽しみなことです。
温泉本ならともかく、今度は怪談だから、進呈するには多少ためらいもございますが。(笑

|

« 似てる…… | トップページ | バカの嵐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116697/12511672

この記事へのトラックバック一覧です: 「本」の思い出:

« 似てる…… | トップページ | バカの嵐 »