« 検索その2 | トップページ | 地道に販促活動 »

2007年2月 9日 (金)

文の意味を知ること

「どこまで説明するか?」「頭の悪い読者」などで毒を吐いてしまったが、ある程度の人生経験を積まないと理解できない文章(あるいは描写)というのは、間違いなく、ある。
別に意識して朦朧法を使っていなくても、だ。

一例を挙げると、川端康成の「雪国」。
あの中で、主人公の男性が、芸者に「爪をつんできたよ」というくだりがある。
昔、どこかの本でこの部分が「きわめてエロティックである」と書かれていて、恥ずかしながら、当時は意味がわからなかった。
今だったら、よくわかる。そして、実行しております。のみならず、ていねいにヤスリがけなんかもしております。
男女の営みというものを知れば、自ずと理解できる描写だったのですな、あれは。

そういう意味で、自分が理解できないからと言って、「意味不明だ」などとはうかつに言っちゃいけませんな。
いえ、これは一般論で言っとるのですよ。自戒を込めて。

|

« 検索その2 | トップページ | 地道に販促活動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 検索その2 | トップページ | 地道に販促活動 »