« ちょっと待て兵庫知事 | トップページ | ネタのかぶり »

2007年4月10日 (火)

パクり

もう、いつ頃のことだったのか、あまりにも遠い昔のことなのですでに記憶も定かではないのだが、たまたま見たテレビで、素人のお笑いコンテストのようなものをやっていた。
「スター誕生」とか、そういったもののお笑い版といった感じで、出場者の出来に対して審査員が点数を付け、優勝を決めるという形式。NHKだったように思うのだが、それも記憶の外。

その中で、高校生ぐらいの女の子二人が漫才でチャレンジした。
「難儀な人々」というタイトルで、「パ行で話す人」というネタ。

「ん?」

と思った。
そのタイトルとネタを知っていたからだ。
漫才やコントで知っていたのではない。
ある漫画家の単行本で読んだのだ。
その漫画家とは、江口寿史。
その単行本は、「江口寿史のなんとかなるでショ! 」。
たまたま持っていたので、わかったのだ。

「パクりじゃねーか!」

私はテレビの前で叫んだ。
ところが、その高校生のネタは審査員たちには評判がよく、かなりの高得点が付けられたように記憶している。
「着想がユニーク」「斬新」と感想を述べた審査員もいた。
ああ、この審査員たちは江口寿史を知らず、また知っていたとしても「江口寿史のなんとかなるでショ! 」までは知らないのだな、と思った。
怖いことだと思ったものだ。
見る人が見れば明らかなパクりでも、それを知らない人にとっては、パクりでもなんでもなくなる。
その後、くだんの高校生がどうなったのかは知らない。
今でも不思議に思うのは、ばれる可能性を考えなかったのだろうか。
後ろめたさはみじんもなかったのだろうか。

パクリと言えば、綾小路きみまろ。
今はどこからネタをパクっているのかな?
ちょっとしたコメントとか、本業とは異なる分野でパロディ的に他人のネタを借用するというのならともかく、自分のメインのギャグでパクっちゃいかんだろう。
ネタパクりが発覚して以来、私はあの男をお笑い芸人とは認めていない。
ま、一介の素人が認めようが認めまいが、関係ないだろうけど。(笑

|

« ちょっと待て兵庫知事 | トップページ | ネタのかぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっと待て兵庫知事 | トップページ | ネタのかぶり »