« 東京の濃ゆい夜 | トップページ | 懐疑派が見た不思議な現象 »

2007年5月18日 (金)

足跡

新大阪発9:19の新幹線で東京へ。
12:13着。改札を出て、切符売り場で都区内パスを購入。23区エリア内は、JR乗り放題。
あちらこちらをうろうろする予定なので、元は取れる……ような気がする。
(損していたらやなので、計算はしないw)

東京から、大井町へ。そこから東急に乗り、二子玉川へ。
雨が上がることを期待したが、土砂降り。
マクドナルドで昼食をとり、雨が小降りになったので、タクシーで玉川大師へ。
ワンメーターで着いてしまった。
運転手さん、近くでごめん。
玉川大師は、戒壇巡りが目当て。
御本尊に参拝した後、戒壇巡りへ。
ここの戒壇巡りについては「玉川大師」で検索していただくとして、なかなか面白かった。
うねうねしているだけではなく、通路が突然スロープになっていたりして、怖いのなんの。
仏様や弘法大師様が鎮座するエリアはわりと明るいので、その点に関しては、他の戒壇巡りほどは怖くない。
面白いと言うと失礼なのかも知れないが、ここは気に入りました。
近くだったら、何度も行けるのに。
歩きで二子玉川駅まで戻り、東京駅へ。
本日の宿泊地、鶯谷へ向かう。
初めて鶯谷駅に降り立ったときは驚愕したものだったが、もう慣れた。
ビジネスホテルにチェックインして、シャワーを浴びた後、本日のメインイベントのため、正装する。
都内某所へ。
悦楽と興奮の数時間があっという間にすぎ、再び鶯谷へ。
疲れているので、悪いことをする元気はない。(どうしようか、ちょっと悩んだw)

翌日、ホテルをチェックアウトした後、JR地下鉄と乗り継いで、三ノ輪駅へ。
吉原遊女が葬られた、浄閑寺へ向かう。
お参りの後、東京駅へ。
10:36発のひかりに乗り、大阪へ帰る。

|

« 東京の濃ゆい夜 | トップページ | 懐疑派が見た不思議な現象 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京の濃ゆい夜 | トップページ | 懐疑派が見た不思議な現象 »