« 語句は正確に(笑 | トップページ | 寺社がらみの話 »

2007年6月15日 (金)

精神障害が急増

精神障害が急増、300万人突破…07年白書

 政府は15日午前の閣議で、2007年版「障害者白書」を決定した。精神障害を持つ人の数は05年に約303万人となり、02年から約45万人増え、初めて300万人を超えたことがわかった。

 疾患別では、そううつ病などの「気分(感情)障害」が33・3%で最も多かった。高齢化に伴うアルツハイマー病の増加も精神障害の急増の原因になっている。

 精神障害を持つ人のうち、在宅(通院)は02年から44万人も増えて約268万人に、施設入所は1万人増えて約35万人になった。白書をまとめた内閣府は、「現代社会のストレスの増加や、心療内科の増加などで医療機関を受診しやすくなったからではないか」と見ている。

 一方、知的障害のある人は05年で約55万人。このうち、施設に入所していない在宅(通院)が約42万人と、前回調査(00年)から約9万人増えた。身体障害のある人は01年で約352万人だった。

 白書は、06年度に改正障害者雇用促進法など障害者の社会参加を促す法律が施行されたことを受け、内閣府が精神、身体など様々な障害を持つ約5千人を対象に行ったアンケート調査の結果も紹介している。

 「この10年間で、障害のある人が働きやすくなったと思うか」と尋ねたところ、「変わらない」と答えた人が39・5%と最も多く、「とても働きやすくなった」「働きやすくなった」の計36%を上回った。「やや働きにくくなった」「とても働きにくくなった」は計14・1%だった。

 「障害がある人が働くことに対する社会の理解があるか」との問いには「あまりあると思わない」「あると思わない」が計55・9%に上った。「働くことに関して障害を理由に差別を受けたと感じたことがあるか」との問いにも「とてもある」「少しある」が計52・1%と過半数を占めた。

 こうした状況を受け、白書は、「権利擁護への一層の取り組みが必要。障害の有無にかかわらず、相互に尊重し支え合う『共生社会』の実現が重要課題だ」と指摘している。
(2007年6月15日11時39分  読売新聞)

*

絶対数が増えたわけではなく、そう診断された人が増えた、ということでしょうか。
以前、こんな事を書きましたが、

「さかいめ」
http://sasainakyoufu.txt-nifty.com/uragawa/2006/11/post_d817.html
「さかいめ その2」
http://sasainakyoufu.txt-nifty.com/uragawa/2006/11/post_a072.html

今思い返すと、やはり知的部分に問題があったとしか思えません。
障害者雇用促進制度がらみで採用したのではなかったかと。
賃金は低く抑えられるし、雇用した企業は府か市から助成金がもらえるんですよね?
いや、確信はありませんよ。
我々社員に対しては「このたび、知的障害のある人を採用しました云々」というアナウンスはありませんでしたしね。
したがって、普通の新人教育と同様に接しましたよ。
作業手順を何一つまともに覚えられないパーでしたけどね。

|

« 語句は正確に(笑 | トップページ | 寺社がらみの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 語句は正確に(笑 | トップページ | 寺社がらみの話 »