« 寺社がらみの話 | トップページ | 実話怪談表現 »

2007年6月15日 (金)

「超」怖い話 怪歴

本日発行。
さっそく購入しました。
読みやすい、というと語弊があるでしょうか。
ん? と引っかかることもなく、「どうなるのどうなるの」と、ページをめくるのももどかしく。

ちょっと変わった構成になっています。
数人の体験者からの話プラス、単発の怪奇譚。
数人の体験者が語る話は、連続した怪異です。
さらりとした文体で、ことさらおどろおどろしい描写ではありませんが、内容は「弩」怖い話に匹敵するような、なかなかえぐい話ばかりです。
特に最後のエピソードはきついなあ。

加藤氏風味とも平山氏風味とも違う、新たなる味。
単著の処女作としては、十二分に及第点が付くのではないでしょうか。
少なくとも、私は楽しめましたし、怖がらせていただきました。

ただひとつ、惜しかったこと。
「上浜ミエ」さんのエピソード、最後の部分で誤字ってました。
それまでずっと「上浜氏」となっていたのが、「上島氏」になっていた。
これで、久田氏はかな入力であると判明。(笑
「は」と「し」は隣同士なのです。

それと、加藤氏の解説にサプライズが。
久田氏が誰なのか、本作で判明しました。
ずっと隠しておくのかと思っていたので、ちょっとびっくり。

……で、次に出るのはいつ?
などと、久田氏が聞いたらめまいを起こしそうなことを思ってしまう私です。
我ながら強欲なことよのう。(笑

http://d.hatena.ne.jp/azuki-glg/20070615/1181896344

|

« 寺社がらみの話 | トップページ | 実話怪談表現 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寺社がらみの話 | トップページ | 実話怪談表現 »