« 分量 | トップページ | 絶句…… »

2007年7月29日 (日)

泡沫候補

さて、投票も終了したので。
大阪選挙区で、一人気になっていた候補がいた。
名前は忘れた。
選挙的には興味はなく、その人物そのものが気になったのだ。
まず最初に新聞に出た立候補者の写真で、カメラをにらみつけている写真。
新世界とか愛隣地区でうろついているような、何か言ったら刺されそうな親父。
「なにだこりゃ?」
と思っていて、選挙公報を見てみると、略歴も何もなく、ミミズがのたくったような字で、わけのわからない公約を書いていた。「車を減らす」とか。
たぶんないだろうなと思い、選挙ポスターを見に行ったら、やはり貼っていなかった。
選挙運動って、したんだろうか。
ただで立候補できるならともかく、けっこうな供託金を取られるはずなんだが。(一定以上の得票数がないと返ってこなかったはず)
当然、当選するはずもないのは分かり切っているが、どれぐらいの得票数があるんだろう。
あと、ドクター中松と「はすばせいぞうすでよし」の得票数も気になるところ。

選挙終了で、付記。
記事の人物は、当然、最下位で落選。
それでも18000票以上得票していた。信じらんね。
ドクター中松と「はすばせいぞうすでよし」も落選。
よかったよかった。世間もそこまでは狂っていないか。

ところでこの「はすばせいぞうすでよし」。
テレビにもたまに顔が出るのでけっこう有名だが、まあ簡単に言えば成金。
地元で、狂ったような造りの豪邸を建てている。
金の次は「名」ということで、あちらこちらの選挙(知事選/国会議員選みさかいなく)に立候補している。
不思議なのが、いつも地元以外の選挙に出ること。
大阪府知事選にも出たはずだ。
察するに、地元では誰からも相手にされていないのではなかろうか?
それなりの「名士」で人徳もあれば、地元の県議会議員ぐらいなら当選するだろう。
見た目、言動、日頃の行動、ウェブサイト、どれを見ても人格の卑しさしか感じられない。

|

« 分量 | トップページ | 絶句…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 分量 | トップページ | 絶句…… »