« 蝉しぐれ | トップページ | 死刑の基準 »

2007年8月27日 (月)

西村寿行氏亡くなる

 現代人の情念の行方を追ったハードロマンをはじめ、社会派ミステリーや動物小説など、幅広い分野の作品を執筆し、ベストセラー作家として活躍した西村寿行(にしむら・じゅこう<本名・としゆき>)さんが23日、肝不全のため死去した。76歳だった。

 1969年に動物小説「犬鷲」が、第35回オール読物新人賞佳作となりデビュー。初期の作品は、医療業界や公害問題などをテーマにした「安楽死」など社会派ミステリーが目立ったが、「君よ憤怒の河を渉(わた)れ」で冒険小説に新境地を開いた。激しい暴力シーンや性描写を織り交ぜた「黄金の犬」「化石の荒野」などベストセラーを連発。ハードロマンの旗手といわれた。映画、テレビドラマの原作となった作品も多い。70年代には「咆哮(ほうこう)は消えた」などで、たびたび直木賞候補に挙がり、79年の長者番付では作家部門のトップになった。
(毎日新聞 - 08月27日 03:11)



「鑑識課職員のはなし」でちらっと作者名を出したりしていたけれど、最近あまり名前を目にすることがなかったので、気にはかかっていた。
ずっと悪かったのかなあ。

|

« 蝉しぐれ | トップページ | 死刑の基準 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蝉しぐれ | トップページ | 死刑の基準 »