« ゲーム機で指挟み、小1男児が指切断 | トップページ | 「超」怖い話 怪記 »

2007年10月 8日 (月)

オカルトでっかち

個性派俳優・松尾貴史氏の著作。
松尾氏はオカルト関連に関しては懐疑派として著名で、論争番組などでも活躍している。

で、この本。
面白いですよ。
松尾氏、元はオカルトどっぷりだったそうで、(このあたりのことも記されている)なぜ考えが変わるに至ったかなどというところも、興味深い。
単純に、全面的に否定するというスタンスではないのだ。
そういう意味で、プラズマで何もかも解決しようとするおちゃめな大槻教授とは違う。
いわゆる「ビリーバー」たちは何かと懐疑派を敵視したがるが、あきらかにおかしい部分を頭に入れた上で、話は話として楽しめばいいと思うんだが。
(でなければ、私が実話怪談本を楽しんで読んでいることは矛盾となる)

まあ、興味がある方はご一読を。
似たような本に、伝染る「怖い話」というのもある。

|

« ゲーム機で指挟み、小1男児が指切断 | トップページ | 「超」怖い話 怪記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲーム機で指挟み、小1男児が指切断 | トップページ | 「超」怖い話 怪記 »