« 求められるキャラクター像あるいはギャル曽根の不幸 | トップページ | 電磁波と接骨院 »

2007年11月21日 (水)

犯罪者の社会復帰

犯罪を犯しても、きちんとその罪を償ったのならば、社会復帰は大事なことだと思います。
前科があったとしても、生活していく必要がありますからね。
でも、芸能人が犯罪に手を染めた場合、何ごともなかったかのように元の業界に復帰するのはいかがなものか、と思う自分がいます。
覚醒剤でとっ捕まった、

岡村靖幸とか
槇原敬之とか

なんか、しれっとした顔で復帰していますが。
岡村靖幸の場合、つい先日復帰コンサートがあったんでしたっけ?
ファンらしきブログで、復帰を歓迎していましたが、覚醒剤については何も書かれていませんでしたねー。ファンって、そういうものですか。いい気なもんですね。
あと、あびる優もあちらこちらで「お前が言うな」と叩かれていますねー。

繰り返しますが、社会復帰は大事です。
しかし、何ごともなかったかのように元の業界に戻るのはどうなの?

|

« 求められるキャラクター像あるいはギャル曽根の不幸 | トップページ | 電磁波と接骨院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 求められるキャラクター像あるいはギャル曽根の不幸 | トップページ | 電磁波と接骨院 »