« 三つ子の魂百まで、あるいは雀百まで踊り忘れず | トップページ | 石切神社上の宮 »

2007年12月 2日 (日)

「狂い」の構造

春日武彦、平山夢明による、「狂い」をテーマにした対談。
平たく言えば、ガイキチをネタにした好き勝手なおしゃべり集、とも言えるな。
買ったのはずいぶん前だったけど、ちょっと暇がなくて、今やっと読みつつあるところ。
いやもう、すげえのひと言。
「あー、こんなやついるいる」とか「ああ、あのチンピラ一家にぴたりと当てはまるな」とか、膝を打ちまくりで、しまいにはタコになるのではないかと心配になる。
春日氏の他の著作も持っているけれど、それにも増して本書でははっちゃけてるなあ。
ここまでぶっちゃけた話ししていいんでしょうか。
「ささいな恐怖」のネタにでもと思って買ったけど、そして、たいていの精神医学ものを読むと感じることなんだけど、「事実」のすごさに圧倒されてしまって、なかなか「ネタ」へと昇華できない。うーむ。

|

« 三つ子の魂百まで、あるいは雀百まで踊り忘れず | トップページ | 石切神社上の宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三つ子の魂百まで、あるいは雀百まで踊り忘れず | トップページ | 石切神社上の宮 »