« 半可通 | トップページ | かかいムン2 »

2007年12月27日 (木)

にしうらわ氏の怪談単著

うえやま洋介犬氏の「誘怪犯」座談会でご一緒し、ナックルズなどの雑誌や新耳袋などで活躍されていたにしうらわ氏が、怪談本の単著を出された。
氏の活躍や実績を考えれば遅きに失した感もあるが、まずは歓迎したい。
これから購入するので、感想は本日夜。



というわけで、感想。(どこが本日夜だかw)
初っぱなの話がわりとよくあるタイプの話だったので、拍子抜け。
まさかこういう話ばかりではあるまいが……とハラハラしつつ読み進むと、「濃ゆい」話もバンバン出てきて、一安心。
ただ、ナックルズなどで発表されている話に比較すると軽めの話が多いように思ったのもまた事実。そういう編集方針だったのかな?

それよりも気になったのは、脱字。
「以外」「意外」など、変換ミスによる誤字はしばしば見かけるけれど、「虚空に向かって猫が啼く」の場合、少々風変わり。
「の」「が」「と」など、前後の文節をつなぐ一文字が抜けている。
「あるいは」「しかし」などは、そういうことがない。
いくつかピックアップ。

「ソファーから飛び降りる、弟の部屋へ」
「がくん車体が大きく揺れた」
「今見えている女の子ことを彼女に」
「片足が血だらけなっている」

単に一文字打ち漏らしただけなのだろうか。
それにしても、こういう脱字がほとんどなのも奇妙な話ではある。
なんででしょうね。
内容は面白かったので、不満はないのですが。

|

« 半可通 | トップページ | かかいムン2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 半可通 | トップページ | かかいムン2 »