« 1行裏情報風に | トップページ | お知らせ »

2008年3月29日 (土)

「極」怖い話

「超」怖い話シリーズ、加藤氏の単著新シリーズ。
これ、「厭」怖い話というタイトルにすべきだったのではないか。
しょっぱなの「家」という話から、読み進めるのが苦痛で苦痛で。
怪異の部分を除いても、こういう家がらみの重い話がいやでねー。

今回、「超」怖い話シリーズにしては珍しく、著者であるところの加藤氏が本文中にけっこう顔を出している。語っている。狂言回し的な立場を取っていると言ってもいいかと。
実話怪談について語りつつ、「たとえばこんな話が」という風に怪異譚が提示される、というような。
毎度おなじみ、心霊落語や動物がらみのホンワカ怪談は、一切ない。
気が滅入っている状態では読むべきではないかも知れない。
心して読むように。

|

« 1行裏情報風に | トップページ | お知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1行裏情報風に | トップページ | お知らせ »