« 太融寺 | トップページ | 長野聖火リレー »

2008年4月26日 (土)

声をかけられました

で、太融寺での出来事。

先の記事の通り、本堂の御本尊の他に、奥に不動明王などが祀られていまして、そこに行ってお線香に火を点けていますと、そばにいた女性が私の顔をのぞき込んできました。
しげしげと見つめます。
私の頭の中に、?マークが飛び交います。
二十代前半と思われる、エキゾチックな顔立ちで丸顔の、なかなか可愛い女性です。
やがて、女性が「ここにはよく来られるんですか?」と訊いてきました。
エキゾチックな顔立ちと、ココナツ色の肌の色から日本人ではないだろうと察しを付けていましたが、かすかななまりで、それがはっきりしました。
東南アジア系……フィリピンかタイか……日本の寺院にお参りしているところを考えると、タイかな、などと考えます。
「(ここに来るのは)2回目です」
と答えると、
「前にここで見ました」
と言うわけです。
以前来たときも参拝客が何人かいましたから、その女性の言葉をウソと言い切ることはできませんが、とりあえず女性の意図がわかりません。
まあ今だから言いますが、「遊びません?」という系統のお誘いだろうか、と内心で考えていました。
なぜそう考えたかと言いますと、太融寺がある場所をご存じの方であればわかると思いますが、太融寺の隣は「兎我野町」と言いまして、ラブホテルとホテヘルが乱立する風俗地帯なのですよ。
また、私に話しかけてきた女性の服装も、割と派手目なスーツ姿でしたので、その女性もその関係で働くフッカーなのかなあ、と。(フッカーについては、各自でお調べください)
にしても、誘い方が回りくどすぎるなあ。
こちらがお参りしている間に離れていったので、女性の意図はわからずじまいです。

けっこうストライクゾーンだったので、誘われていたら、ホイホイとついていったかも。
まあ、今日はたまたまお金の持ち合わせがありませんでしたけど。

|

« 太融寺 | トップページ | 長野聖火リレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太融寺 | トップページ | 長野聖火リレー »