« 夢に見たまま/ミル・フィーユ | トップページ | 幽霊譚 »

2008年7月 6日 (日)

「超」怖い話、本とかDVDとか

平山夢明氏関係ふたつ。

まずはドキュメント「超」怖い話 都市伝説編その2。
実は届いたばかりでまだ見ていないんだけど、今回も福澤てっちゃんはスペッシャル・ゲストとして登場するのかな?

もうひとつは、お待ちかねの「超」怖い話Μ(ミュー)。
今回は平山夢明氏と久田樹生氏、松村進吉氏のチーム。
読み終わってから、どの話を誰が書いたのかを見たのだが、正直、どの話を誰が書いたと言われても信じると思った。
特に、2番目の話「ありがとう」は、絶対に平山氏の作だと思った。
ブログやエッセイ、単行本の前書きや後書きなどでちょくちょく書かれていることなのだが、氏は子供に対する虐待を憎悪する。
そんな氏であるから、悲しくて無惨な「ありがとう」が氏の作だと思ったのだ。
収録されている話すべてが胸くそ悪くなるような話ではなく、ほっとするような話もあるが、心霊落語系の話はない。
今回ミューを読み通して、あらためて気づいたのだが、私はこってり系の話が好きであるようだ。心霊落語系は、ひとつふたつならともかく、それほどたくさん読みたいとは思わない。
そういう意味では、実に充実した「超」怖い話であった。
なのに、このチームでの作品集は2度と読めないのね。惜しいな。

|

« 夢に見たまま/ミル・フィーユ | トップページ | 幽霊譚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢に見たまま/ミル・フィーユ | トップページ | 幽霊譚 »