« 「小さきもの」の話 ~合理的解釈ではなく~ | トップページ | 性懲りもなく誘怪犯3D化考察 »

2008年9月22日 (月)

やっぱりなあ その2

福岡小1殺害、母親を殺人容疑などで逮捕

 福岡市西区の小戸(おど)公園で、同区小戸3、市立内浜小1年富石弘輝(こうき)君(6)が殺害された事件で、福岡県警は22日午前、母親の会社員薫容疑者(35)を殺人、死体遺棄容疑で逮捕した。

 「自分が病気を抱え、将来を悲観した。子供を殺して死ぬつもりだった」と供述しているという。

 発表によると、薫容疑者は18日午後3時20分ごろ、公園の公衆トイレの身体障害者用スペースで、弘輝君の携帯電話のストラップ(首ひも)で首を絞めて窒息死させ、トイレ裏側の外壁と外側支柱のすき間(幅約50センチ、奥行き約1メートル30)に遺棄した疑い。薫容疑者は、「殺すつもりで公園に行ったわけではなかった」と供述、県警では発作的に犯行に及んだとみている。

 県警は、公園で不審者を目撃したとの情報がなく、弘輝君の着衣に乱れがなかったことから、顔見知りによる犯行とみて薫容疑者から任意で事情を聞いていた。21日に「携帯電話は殺害直後に捨てた」などと犯行を認める供述を始めたため、いったん同区の実家に帰したうえで裏付けを行い、22日午前、逮捕状を取った。

 知人らによると、薫容疑者は、「手足に力が入らず、疲れやすい」と話し、6月ごろから体調を崩していたという。

 薫容疑者は、弘輝君と会社員の夫(33)との3人暮らし。学校などによると、弘輝君は情緒が不安定になりやすく、授業を最後まで落ち着いて受けられないことなどから、同校では個別的な指導を行うクラスに入っていた。県警は、子育てに関する悩みも動機につながった可能性があるとみている。

(2008年9月22日11時34分  読売新聞)



だろうなとは思っていたものの、痛ましい結果になってしまった。
そもそも、母親が疑われないはずがないのだ。
公園のトイレに入っていた数分間の間にいなくなったというが、犯人が男児を狙っていたとしても、親子連れをずっとつけていなければならないし、母親がいつトイレに入るかなど、わかるはずもない。また、トイレに入っている数分の間に何者かが衝動に駆られて殺害するというのも納得しかねる。
まあつまり、母親の供述は信用できないということであった。

さて。今後は裁判ということになるわけだが。
心神喪失のため無罪、あるいは心神耗弱のため執行猶予、あたりを弁護側は求めるだろう。
が。
男児の遺体を隠し、「子供がいなくなった」などと、ウソをついている。
(犯行の隠蔽と、悲劇の母親を演じる)
これだけのことをして、心神喪失は通らないだろうと思うのだが。

秋葉原などの大量殺人にも怒りを覚えるが、こういう事件もまた、気が滅入っていけない。

|

« 「小さきもの」の話 ~合理的解釈ではなく~ | トップページ | 性懲りもなく誘怪犯3D化考察 »

コメント

こないだの世にも奇妙な物語の死後婚って、冥婚に似てますねぇ(・ω・`)

投稿: | 2008年9月30日 (火) 17時43分

>こないだの

実は見逃してしまったんですよー。
せめて死後婚だけでも見たかったんですが。
うちのサイトをご存じの方で、死後婚をご覧になった方は、「似てるなあ」と思われたとかで。
冥婚をテーマにすると、ある程度は似た話になってしまうかも知れませんね。

投稿: GIMA | 2008年9月30日 (火) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「小さきもの」の話 ~合理的解釈ではなく~ | トップページ | 性懲りもなく誘怪犯3D化考察 »