« Xファイル見てきました | トップページ | 早朝の地下鉄にて »

2008年11月16日 (日)

農家の恐ろしい実態

巡回しているサイトの一つで、こんなまとめサイトの存在を知った。

農家の恐ろしい実態まとめサイト

今の世の中に、と思う一方、「あるだろうな」と思う自分もいる。
母親が農家出身で、成人する頃には大阪に出てきたので農家の嫁としての苦労はなかったようだが、法事などで私が帰省(私自身はそこ出身ではないので帰省はおかしいのだが)したときなどに見ただけでも、つくづくとど百姓のいやな面が目についた。

祖母の葬儀に参列したとき。
ただ酒を飲みたいだけで参列するジジィ。葬儀が終わる頃は泥酔状態で、大暴れ。

実家に数千万の負債ができたとき。
(災害などの不可抗力によるものではなく、嫁とその娘(私にとっての叔母と従姉妹)が高額なランジェリーや服などを借金で購入したため)
事情を訊くために私が仕事を休んで行ったのだが、たとえ親戚といえども外部の人間に恥をさらすのははばかられるためか、その負債に関する話をするときは「席を外せ」と言われる。
ところが私に多少蓄えがあって、手助けしてもらえるかも知れないとわかったとたん、手のひらを返す。
で、実際にけっこうな額を用立てたのだが、いざ返済の段になると、なにかかやと滞る。
あげく、「都会の人は冷たい」と来たもんだ。
お前らの近所の親戚連中は、100円でも用立ててくれたか?
ことほど左様に、カッペには非常識な人間が多い。
私が用立てた金がすべて返済されたのを確認した後、一切の関係を絶った。
(そういう宣言をしたわけではないけれど、今後誰が死のうと行くつもりはない)

|

« Xファイル見てきました | トップページ | 早朝の地下鉄にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Xファイル見てきました | トップページ | 早朝の地下鉄にて »