« 飯島愛さん死去 | トップページ | 韓国ウォン安で »

2008年12月28日 (日)

年末買い物事情

毎年、年末の30日31日に、黒門市場内にある八百屋さんに、おにぎりだの煮物だのコーヒーだのを差し入れしている。
もう数十年にもなる。
年末のかき入れ時で、まともに食事もできないことに母親が気の毒がり、そういうのが始まった。
早朝からおにぎりを親子二人で造り、バットに並べてゆく。大根や鶏肉の煮物も。
淹れたてのコーヒーを保温ポットに入れる。
毎年のことながら、けっこう大変なのだが、喜んでもらってるし、まあいいでしょう。

これを黒門市場内の店に届けるのは私の役目なのだが、これが大変なのである。
年末になると各地の有名市場──東京だとアメ横とか築地、京都だと錦市場──の風景がテレビの生中継で放映されるが、ご承知の通り、年末の市場というのは買い物客でごった返している。
黒門市場も同様で、市場の入り口から店まで、十メートルほどしかないにもかかわらず、店にたどり着くのが一苦労であった。
差し入れの準備よりも、市場内を通ることを考える方が気が重かった。

が。

ここ数年、様子が違ってきている。
年々、市場内の通行が楽になってきているのだ。
ようするに、買い物客が目に見えて減少しているのである。
黒門市場が、車で買い物に来るには不便ということもあるのかも知れない。
(駐車場はいくつかあるのだが、そこに行くのがまた不便)
年末の買い物は黒門市場でなければ、という風に考える人が少なくなったのだろう。
郊外の大型スーパーが増えて、そちらで買い物をする人が増えたということもあるのだろうな。

さて。明日から準備に入ります。野菜を切ったり、なんやかやと。

|

« 飯島愛さん死去 | トップページ | 韓国ウォン安で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飯島愛さん死去 | トップページ | 韓国ウォン安で »