« 現代の魔女狩り──焼殺 | トップページ | 駅弁ひとり旅 »

2009年3月15日 (日)

宿へのおみやげ

今月末、母親を連れて湯布院に行ってきます。
いつも通り、宿に手土産を持って行くのですが、今回は、大阪住吉区にあるお菓子司・粟玄さんの「和洋」というお菓子。
これ、以前紹介した「大阪名物」という本にも出ていて、どういうお菓子かは知っていましたが、食べたことはなかったんですね。
それが、ちょっと前にたまたまこれをいただきまして、食べてみると、これがもう、本当に美味しい。
次の手土産はこれにしよう、と決めていたわけです。

粟玄さんのサイト

「和洋」が紹介されている「大阪名物」はこれ。

|

« 現代の魔女狩り──焼殺 | トップページ | 駅弁ひとり旅 »

コメント

GIMAさん 湯布院に行かれてたんですね。私 近くなんで お話したかったなぁ…

投稿: マリマ | 2009年4月 2日 (木) 21時11分

こんばんは。
湯布院へは3/27から3/29までの3日間行ってきました。
湯布院へはもう何度も行っていて、周辺観光(馬車やスカーボロなども)もおおむね済ませているので、実際のところ、お会いできる時間的余裕は充分あったと思います。何しろ、どうやって時間をつぶそうかと思ったりもしていましたので。
残念ですが、いつかまた、次の機会ということで。
それにしても、「近く」ということは、湯布院や別府にいつでも行けるということでしょうか。これはうらやましいですねえ。

投稿: GIMA | 2009年4月 2日 (木) 23時12分

そうですね、車で1時間もかからないです。湯布院もお洒落になり 最近 芸能人も お忍びで来られてるみたいですね。 私は平山夢明さんの著書や 新耳袋 あやかし通信などが特に好きです。またの機会 楽しみにしております!

投稿: まりまり | 2009年4月 5日 (日) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現代の魔女狩り──焼殺 | トップページ | 駅弁ひとり旅 »