« 定額給付金申請書が来ましたよっと | トップページ | せっかくの連休なのでお料理でも/苺ババロア編 »

2009年4月30日 (木)

LEDの点滅回路

ヒマなときは、うえやま洋介犬さんのホラー漫画に登場するクリーチャーの3D化について考えている。
その中で、作品中には描かれていないんだけど、LEDを点灯させると面白いだろうなあと思ったものがあった。さらに言うなら、ピカッ……ピカッと点滅すればなお良し。
ふた昔ほど以前だったら、トランジスタや専用ICなどで点滅回路を組むところなのだろうが、最近では、電源を接続するだけで点滅動作するLEDがあったりするのだった。
もちろん外観は普通のLEDと同じ。
便利になったものです。
また日本橋の電気街に行って、あれこれと物色してこよう。

|

« 定額給付金申請書が来ましたよっと | トップページ | せっかくの連休なのでお料理でも/苺ババロア編 »

コメント

今はそんな便利なものがあるんですか?歳を取る訳だ(苦笑)

親父が技士だった影響で小学生の頃から半田ごてを振り回しては『ラジオの製作』誌の製作記事を参考にしては兄貴と単純な回路を作っては遊んだもんでした。(抵抗の「読み方」はもう忘れてしまいましたが……)

フラックスの灼ける匂いは思い出の匂いです。

投稿: 侘助 | 2009年5月 1日 (金) 15時51分

こんばんは。
自動点滅LEDは、私も業務では使ったことはありません。やはり普通のLEDに比べるとぐんと割高なので。
ただ、とりあえず点滅しさえすればいいという用途には、ややこしい回路を組む必要もないので、便利です。ちょっとした工作には最適ですね。

投稿: GIMA | 2009年5月 1日 (金) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定額給付金申請書が来ましたよっと | トップページ | せっかくの連休なのでお料理でも/苺ババロア編 »