« 「おすすめの湯」と「好みの湯」は違うのだ | トップページ | 盗聴と盗聴妄想 »

2009年10月24日 (土)

エスカレーター、右と左、どっちを空ける?

このブログは@niftyの「ココログ」というもので、ネタ提供ということか、「ブログネタ」なるものがある。
で、たまたま気づいたのが、タイトルになっているエスカレーターの件。
正直、「何を今さら」の感がある。
これ、東日本と西日本、さらに言うなら東京と大阪の比較論として、しばしば話題になっている。
「どちらが正しい乗り方か」というような。
で、東京大阪間の対立構造と相まって、不毛な争いが続いていた。

が。

意外なことで、この論争にはすでに決着が付いているのである。
論争に決着を付けたのは、エスカレーターの製造元。
結論から言うと、右であれ左であれ、エスカレーターにはどちらか片方に寄って乗ってはいけないんだそうだ。
なぜならば、すべての人がどちらかにかたよって乗ると、そちらの方の部品(ベアリングとか、そういう機構部品)が摩耗するので、メーカーサイドとしては、そういう乗り方は好ましくないとのこと。
ではどう乗ればいいか。
一人の場合はステップの真ん中。
二人の場合はステップの左右、という風に、ステップに均等に荷重がかかるように乗るのが好ましいとのこと。
聞けば、なるほどとうなずける理由だ。
とはいうものの、実際のところは、やはり関西圏は右側に立ち、関東圏は左に立つ。長年の習慣は、なかなか改まらないものだ。

ブログネタ: エスカレーター、右と左、どっちを空ける?参加数

|

« 「おすすめの湯」と「好みの湯」は違うのだ | トップページ | 盗聴と盗聴妄想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「おすすめの湯」と「好みの湯」は違うのだ | トップページ | 盗聴と盗聴妄想 »