« ビーケーワン怪談大賞応募作における「タブー」 | トップページ | 「手」というお話 »

2011年6月19日 (日)

五條楽園も壊滅していた

コンビニによって、暇つぶし用に買い求めた風俗レポートマンガ「本当にあったHな話」山崎大紀著を読んでいたら、「五條楽園は摘発を受けて閉鎖した」というセリフがあって、びっくり。
ほんまかいなと検索してみたら、事実のようだ。
うーん。
いわゆる「裏風俗」だし、いいか悪いかで言えば悪いんだろうけど、大々的に宣伝したりしていたわけでなし、ほっといても良かったんじゃないのかなー。
何かの資金源にでもなっていたのですか?
ここには行ったことがないので、「風情がある」とか「古き良きなんとか」などと言える程の知識もないですけどね。
こういうものって、「必要悪」だと思っているんですけどねー。
こんなだと、奈良の「生駒新地」もいつどうなることか。

|

« ビーケーワン怪談大賞応募作における「タブー」 | トップページ | 「手」というお話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビーケーワン怪談大賞応募作における「タブー」 | トップページ | 「手」というお話 »