« ソープの思い出4 | トップページ | ソープの思い出6 »

2014年9月 3日 (水)

ソープの思い出5

風俗業では、嬢が客待ちする待機所があるわけだが、女性ばかりの職場のこと、やはり色々といじめなんかもあるらしい。
以前通っていたソープにいくときには目当ての嬢だけではなく、その日出勤している嬢全員に行き渡るぐらいの差し入れを持参していたのだが、ある日、目当ての嬢(いわゆるオキニ)から「全員分のお土産はいいから」と言われた。
遠慮しているわけではないようなのでよく聞いてみると、「仲の悪い同僚にもあげないといけないから」という事であった。
なるほどと思い、以後、その嬢個人への差し入れにした。
それでも、ときどきは店に対する慰安込みで、嬢全員分ぐらいの手土産を持参することはあった。ただ、その際は入店してすぐに、ボーイさんに「これ皆さんに」と言って渡すようにした。
嬢は「そんなことせんでええのに~」と言っていたが。
私からの手土産を受け取ったボーイさんは「**さんにですか」と言う。「いえ女の子全員に」と言うと驚く。
嬢個人に対する差し入れは常連だったら珍しくないが、女の子全員にというのは滅多にないらしい。オキニも「なんでそんなにしてくれると?」と同僚から訊かれたそうだ。

|

« ソープの思い出4 | トップページ | ソープの思い出6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソープの思い出4 | トップページ | ソープの思い出6 »