« ソープの思い出6 | トップページ | ソープの思い出8 »

2014年9月 3日 (水)

ソープの思い出7

世に人妻系風俗というのは数多くあるが、実際のところ、彼女たちがその仕事をする目的はなんなんだろう。
切迫した生活費。遊行費。ちょっとしたお小遣い。
あと、人妻店だからといって、そこに所属する嬢すべてが既婚とは限らない。ある知り合いは独身だったが、年齢的な縛りで、人妻店にいた。
風俗店に勤める人妻で(シングルマザー含む)、生活のためにその仕事をしている人は、勤務ペースで判断できる。ほぼ毎日、生理休暇以外は出勤している女性は、何か事情を抱えていると思っていい。お小遣い稼ぎのアルバイト感覚の場合は、出勤ペースはかなり気まぐれ。
修羅場まとめなどを読んでいると、借金のカタのために泣く泣くソープランドなどの風俗に勤める場合も、ないわけではないらしい。
私自身は根掘り葉掘り事情を聞き出したりはしていないので、これまで出遭ったソープ嬢の中にそういう事情持ちの人がいたかどうかはわからない。

|

« ソープの思い出6 | トップページ | ソープの思い出8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソープの思い出6 | トップページ | ソープの思い出8 »