« ソープの思い出22 | トップページ | ソープの思い出24 »

2014年9月 3日 (水)

ソープの思い出23

韓国籍のソープ嬢に聞いた話。別府などの温泉地にもソープはあるが、観光客=一見(常連にならない)のため、サービスは今一つであることが多々あるとか。小倉ソープ街は観光エリアではないので、常連客が多い。この言い方が正しいかどうかは不明だが、アットホームな感じw
小倉駅周辺は、言わば猥雑な繁華街。ソープの予約時間までに買い物に行こうと、駅までブラブラすると、ばあさんが「兄ちゃん遊ばへん? ええ子おるよ」と声をかけてくる。無視するよりも、「ソープ行くから」と言った方が、解放してくれる。
また、その場合とは別に、予約しているソープに行くのに、別の店の前を通る場合も、たまにある。その際も、「いや、**(店名)で予約してるんで」と言えば、「そうですか! 次回はうちでお願いします」などと返ってくる。強引な客引きはあまりない。アットホームw

|

« ソープの思い出22 | トップページ | ソープの思い出24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソープの思い出22 | トップページ | ソープの思い出24 »