2010年10月 9日 (土)

中国さん、ノーベル賞受賞、おめでとうございまーす!

やあー! 土人のみなさーん! 御国の方が、ノーベル平和賞を受賞されましたよー!
嬉しいですよね?
嬉しくないはずないですよね? 念願でしたものね?
え? 御国内では報道されていないのですか?
北京五輪よりも、万国博覧会よりも、はるかに名誉なことなのですよー?
国を挙げてお祝いしなくちゃあ。

ねえどんな気持ち?
ノーベル賞受賞して、どんな気持ち?
(プルプルプル……)

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dqnplus/1552571

| | コメント (0)

2010年7月11日 (日)

日本の宿の蛮族対策

4月に湯布院に行ってきたと以前に書きましたが、宿に泊まって気づいたこと。
そこの宿は、歯ブラシやタオルは部屋にセットされているのですが、T字型のひげそりは浴場の脱衣所に十数本ほど、置かれておりました。入浴時に浴場に持ち込むようになっているわけです。
ところが今回、チェックインして部屋に入ると、部屋のトイレにひげそりが置いてありました。
はて? と思って大浴場に行くと、前述のひげそりが脱衣所には置いてありませんでした。
理由はすぐに察しが付きました。
この宿に限らず、湯布院は最近とみに韓国や中国からの客が多くなっているのですが、そのための対策であろう、と。
ま、ぶっちゃけて言えば、浴場に束で置いておくと、中国人や韓国人がみんな持って行ってしまうわけです。
日本人であれば常識として使う分(つまり1本だけ)を持って行きますが、蛮族どもはみやげに持って行ってしまうわけですな。
外貨を落として欲しいでしょうが、対応に苦慮する部分も多々あるかと思います。

……しかし、上で「日本人であれば」と書いたものの、スーパーなどに置かれているロール状のポリ袋、あれをトイレット・ペーパーのように巻き取って持って帰るDQN(実際は年寄りが多い)を見ると、日本人もえらそうなことを言えた義理ではないな、とも思います。

| | コメント (2)

2008年4月27日 (日)

長野聖火リレー

長野聖火リレーにて、チベット問題について抗議をおこなうために参加した方のMIXIの日記から。
乞う転載ということなので、うちのブログにも載せる。
MIXIに行ける方は、URLからどうぞ。動画もあります。



http://mixi.jp/view_diary.pl?id=787996903&owner_id=2071143

世界最低の国、日本

聖火リレー、行ってきました。
まず皆さんにお願い。
この日記をひたすら転載してください。
動画3つまでしか載せれないため、
動画ありと書かれたものは僕のメインページの動画にあります。

4/26日を振り返ります。

早朝、善光寺へ向かった。
Mちん、Tさん、F君、Yちゃんと5人で。

町には何台もの大型バスが乗り入れ、中国人が降りてくる。
僕らがそれぞれ旗を作り、プラカードを作り、前日からカラオケボックスで寝ていたのに対し、彼らは中国大使館から支給された巨大な旗と、チャーターバスで堂々登場した。

善光寺参拝が終わり、街中へ。
とりあえず聖火リレー出発地点へ向かった。
ここで日本とは思えない景色を目にした。

出発地点に、中国の旗を持った人は入場できるが、チベットの旗を持った人は入れない。
警察の言い分。
「危険だから」
じゃあ、何で中国人はいいんだ?
「……ご協力お願いします。」

は?
それやらせじゃん。
中国国旗しかない沿道って、警察が作ってるんじゃん。

その時の抗議の様子

この後TBSの取材が来た。
チベットサポーターの1人が、「日中記者交換協定があるから映せないのか?」とアナウンサーに聞いた。
アナウンサーは「は?勝手に叫んでれば?」と吐き捨てて消えた。

街中に行くとどこに行ってもFREETIBETと叫んでいる。
そこに中国人が押し寄せ、罵声を浴びせてくる。

交差点で中国人と僕らが入り乱れた。
突然Mちゃんが顔面を殴られた。
僕は殴った中国人のババアを捕まえて、目の前の警察に言った。
「こいつ殴ったぞ!!」
警察は何もしなかった。

ババアが俺の手を噛んだ。手から血が出た。
警察と目が合った。
警察は何もしなかった。

ババアが僕の顔面を殴ってきた。
周りのチベットーサポーターが、「おい、警察、現行犯だろ、捕まえろよ!!!!」と言ったのに、警察は何もしなかった。

これが抗議活動中じゃなかったら、普通にブチ切れて乱闘になってる。
でも非暴力を貫く為、ひたすら耐えた。

Mちゃんが1日かけて一生懸命書いたプラカードを、中国人が叩き落とした。
拾おうとするMちゃん。踏みつける中国人。
「おい、てめー何やってんだよ!」と制止に入った。
2mくらいの距離に警察がいたが、何もしなかった。

街中いたるところで抗議合戦。
救急車が来たり大騒ぎ。
僕らはひたすら抗議活動をした。
(動画あり)

雨が降ってきた。
それでも誰も抗議を辞めなかった。
中国人がかたまってる交差点を、Tさんと旗を振りながら渡った。
沿道の中国人は蹴りを入れてくる。
とても沿道に入れず、車道を歩いていた。
警察が来て言った。
「早く沿道に入りなさい!!」
は?今入ったらボコられるじゃん。
なんで日本人の安全を守ってくれないの?
「じゃあ、あいつらに蹴りいれるの辞めさせろよ!!」と僕は叫んだ。
警察は「ご協力お願いします」と言った。

雨の中、聖火リレーのゴール地点へ向かった。
何故か中国人とチベットサポーターに分けられた。
警察は、「後で聖火の方に誘導するから。」と言った。
嘘だった。
ゴールの公園の外の何も無いスペースにチベットサポーターは閉じ込められた。
聖火なんか、どこにもなかった。
目の前には警察が何十人も取り囲んでいた。
こんな場所じゃ、声すら届かない。
数百人のチベットサポーターは、泣きながら警察に向かって叫ぶだけだった。
国境無き記者団もこちら側に来させられていた。
代表がマスコミのインタビューに答えていた。
(裏から撮影した動画あり)

聖火リレーがいつ終わったのかも分からないまま、土砂降りの中僕らは叫び続けた。
この声を、伝えることすら出来ないのかと思ったら涙が溢れてきた。
MちゃんもF君も泣いていた。
こんなのってあんまりだ。
せめて伝えて欲しいだけなのに。
この叫びを聞いていたのは目の前に並んだ警察だけだった。

チベット人の代表が弾圧の現状を訴えた。
涙が止まらなかった。
内モンゴルの代表が弾圧の現状を訴えた。
涙がとまらなかった。

伝えたい。ただ伝えたいだけなのに、国家権力によって封殺された。
悔しい。悔しい。

日本は最低な国だ。
平和だ、人権だと騒ぐ割には、中国の圧力に負けて平気でこういう事をする。
警察を使って。

帰りに携帯でニュースを見た。
「聖火リレーは無事終了。沿道は大歓迎ムード。」
「聖火リレーで日本人5人逮捕。中国人留学生に怪我。」

僕は愕然とした。
この国のマスコミは終わったと感じた。

あの怒号は、
僕らが受けた痛みは、
彼らの悲痛な叫びは、
どこに反映されたのだろう。

警察によって意図的に中国人のみの沿道を作り、
そこをマスコミは撮影し、
中国人の暴力を黙認して、日本人を逮捕する。
これが日本のやることか?
ここは本当に日本なのか?
中国の旗を持たないと歩けない沿道って何なんだ?

この国は最低な国です。
チベット人は泣きながらありがとうと言っていたけれど、
僕は彼らに謝りたかった。
初めて日本人であることを恥じた。

帰り道、僕らは泣いた。

これが真実です。
僕は日本政府は中国以下だと思った。
弾圧にNOを言えずに、言いなりになって彼らの叫びを封殺したこの国は、もう民主主義国家ではない。

4/26日長野。
そこには言論の自由はなかった。
歩行の自由すらなかった。
中国人を除いて。

(転載、ここまで)

| | コメント (0)

2008年4月22日 (火)

野村證券インサイダー取引

だって、中国人を雇っていて、その中国人がやったわけでしょう?
中国人を雇う時点で、その可能性を考慮しなさいよ。
バカじゃねーの?

| | コメント (1)

2008年4月19日 (土)

聖火リレー/イスラム圏では走らないのかな?

アホな中国シチズンがフランスでの聖火リレー妨害に怒り狂い、フランス国旗を燃やしたりフランス国旗にハーケンクロイツを書いたり、やりたい放題。
んで、ネット上では「日本みたいに無反応だと思ったら大間違いだお」と失笑/期待されている。
ふと思ったけど、この聖火リレーはイスラム圏は走らないのでしょうか。
んで、そこでもチベット問題がらみで妨害されて、逆ギレした中国シチズンがコーランなんかを燃やしたりしてくれないかなあ(笑
いやあ、そうなったらどうなるか、見てみたい。

ま、それはそうと、善光寺グッジョブ。

| | コメント (0)

2008年3月 6日 (木)

松下製デスクヒーター発火

 松下電工と松下電器産業は5日、机の下などに置いて足元を暖める電気暖房器具「デスクヒーター」3機種(計4万4818台)について、製品内部のヒーター線が過熱して発煙・発火するおそれがあるとして無料で代替品に交換すると発表した。

 対象は松下電工が販売した「DR2456」と、松下電器が販売した「DC―2456P」、「DC―PD1」で、中国の委託先企業が2003年5月~06年11月に製造した。

 これまでに製品の一部が焼けたり、煙が出たりした事故が3件あった。けが人はないという。ヒーター線が断線し、内部で生じた火花で塩化ビニール製の被膜などが燃えたのが原因という。07年以降に製造した現行機種は、ヒーター線の過熱を感知する安全装置があり、交換の対象外。問い合わせは(電)0120・875・665。

(2008年3月5日22時36分  読売新聞)

はいみなさーん。
ここ注意してくださーい。

中国の委託先企業が2003年5月~06年11月に製造した。

天下の松下でさえこれでーす。
名も知れない泡沫企業が中国から輸入した製品がまともなはずないですよねー。
中国に品質とかQCとかを求めるのが、そもそも間違っているんですよねー。
はい、ここも注意してくださーい。

07年以降に製造した現行機種は、ヒーター線の過熱を感知する安全装置があり、

逆に言えば、それまではその程度のセーフティ回路さえなかったということなんですよねー。

| | コメント (0)

2008年2月15日 (金)

製造工程見学になんの意味があるのか

毒入りギョーザ製造の天洋食品の工場を、日本のテレビクルーなどが見学したのだそうだ。
それ以前にも、当局が公開した工場内の映像などがニュースで流れたりした。
それを見た日本のニュースキャスターは「キレイですね」とか「清潔でした」などと言っていた。

アホか。

抜き打ちで行ったわけじゃあるまいし、そもそも、「製造上のミス」で毒が混入したわけじゃないだろうが。
……と、この映像を見て、以前勤めていた無線機製造会社でのことを思い出した。
当時私は開発部門に在席していたのだが、その日、どこやらの見学というか視察のようなものがあるとかで、机の上を片付けるようにとのお達しがあった。
んで、どう片付けたかというと。
実験用の作業台の他に、書類を書いたり回路図を書いたりする事務机が各員に与えられていて、片付けたのは事務机の方なのだが、それがまあ、机の上には、みごとに何も置かれていない状態になった。
考えてもみてほしい。
普通に仕事をしている状態の机で、机の上に何もないということが普通だろうか。
ペン、書類、図面、そんな物ぐらいはあるのが普通だろう。
まったく何もないなんて、仕事していませんと言っているようなものじゃないか。
そうすることを命じた上司、つくづくバカなやつと思ったものだ。
長くなったが、件のギョーザ工場がそういう状態であった。
あらかじめ視察に入る日はわかっているわけだから、徹底的に片付けたに決まっているじゃないか。
そういう状態の作業場を見て「キレイ」だの「清潔」だのと評価したって、なんの意味もないじゃないか。
いったいマスコミは、どこまで蛮族国家中国を擁護すれば満足するのだろう。

| | コメント (0)

2008年2月 1日 (金)

中国と付き合うな

毒入りギョーザ。
それ見たことか、などと言うつもりはないが、何を今さら大騒ぎするのかという感はある。
おもちゃ。ウナギ。
中国製品から毒性物質が検出された例はこれまでにもいくらもあった。
海外での話だが、中国製の風邪薬を服用して死んだ例もあるほどだ。
食べ物関連以外でも、海上自衛隊での機密漏洩事件の場合、漏洩した自衛官の妻は中国人だ。絵に描いたようなハニートラップではないか。
ジャーナリスト櫻井よしこ氏の記事では、過去にこんなものがある。

悪夢のような中国進出の実例

普通、商取引の場合、自分の利益を優先に考えるとはいえ、契約書などを取り交わし、取引がきちんとおこなわれることを前提とするだろう。
だが、中国人にはこれは通用しない。国レベルでも個人レベルでも。
ギョーザに含まれていた殺虫剤にしても、今も使用しているところは多いはずだ。実際に当局から摘発されない限り、ばれなければ何をしてもいいと考える蛮族どもだ、奴らは。
「だってよく効くから」
などと言うに違いない。

以下はあくまでも私の妄想であるが、日本向け商品だから商品の品質や管理に手を抜く──どころか、日本向けだったら毒を入れたっていいだろう。と考える輩がいてもおかしくないだろう。
なにしろ、わざわざ日本の靖国神社を訪れ、その境内で日本国旗を持っていたご老人を襲った暴漢を賞賛する国なのだ。
そもそも信用するのが間違っている。

| | コメント (0)

2008年1月30日 (水)

経済学者が語る中国貿易

今や、中国産製品や中国の労働力に頼らずして、日本の経済は立ちゆかない。
……などと、経済学者はまことしやかにほざく。
だが、その言葉は、中国における生産品や労働力が規定の品質を保っているという前提があってこそだ。
中国に生産拠点を置けば何やかやと理由を付けて製造設備一切をむしり取られ、中国から入ってくる製品は品質管理もまともにしていない物ばかりで、労働力として入国してくる連中は、犯罪予備軍かHIVキャリアの売春婦ばかりだろ。
コスト重視で中国製品を輸入している場合ではないだろ。
狂牛病の疑いがあるアメリカ産牛肉についてもめている場合じゃないじゃん。
政府レベルで対策を講じるべき問題だろうが。

GIMA付記:
不思議に思うのは、経済学者たちは実際の中国製品を知っているのだろうか、ということだ。
以前の記事にも書いたが、音響映像機器製造販売会社とは名ばかりの、中国製家電品を安く買い叩いて転売しているだけのパチモン会社、技術知識がないとわからないにしても、入社一日目の人間(私のこと)でも致命的な設計上の問題があることに気づくような製品を平気で売っているのだから、話にならない。
くだくだしくなるので個々の問題点は書かないが、故障率100パーセントの製品が、何種類もあるのだ。

| | コメント (0)

だから中国製品を使うんじゃねえって

はい。
ついに被害者が出ましたよ。

中国製ギョーザで重体

まだ中国製品を輸入しますか。
故障率100パーセントの欠陥家電品を輸入販売しますか。
人件費が安いからと、中国人@蛮族を日本国内で働かせますか。

即座に、すべての中国製品を輸入停止しろっつってんだろうが!!

http://app.blog.livedoor.jp/dqnplus/tb.cgi/1085481

| | コメント (0)