2006年10月15日 (日)

お祝いコメント

超-1オフ不参加の連絡を幹事1号さんにしたとき、何かの形でも協力したいので、差し入れでもさせていただけないかと提案したところ、「会場で披露するので、コメントちょうだい」ということでしたので、メールに添えてお送りしました。
以下、お送りしたコメントです。
会場でこの通りに読み上げられたかどうかは存じません。
「シラネーヨ」とか「逝ってよし」とか、適当におりまぜてくれろとお願いいたしましたので。

加藤様、小川様、有袋類様、そしてオフ会に参加の皆様。
講評で参加させていただいたギマでございます。
このたびは「超」怖い話 超-1 怪コレクションの発行おめでとうございます。
「超」-1ではいろいろな恐怖譚で楽しませていただき、ありがとうございました。
「超」-1がこうして「形」になりましたのも、ひとえに、皆様の霊障をものともしない怖いもの知らずのたまものと存じます。
私も講評で参加させていただきましたが、プライベートな事情で挫折してしまい、慚愧(ざんき)に堪えません。
オフ会に参加し、皆様からネットなどの公の場ではとても話せないような裏話をうかがいたかったのですが、本当に残念です。
今後も、ささやかではありますが、「超」怖い話シリーズの広報につとめたいと思います。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

超-1オフ!

10/14(土)、池袋某所にて、「超」-1オフ会が催されました。
幹事1号さんはじめ、ぼちぼちとオフ会のレポートがウェブ上でUPされはじめているようです。
それを拝読すると、みなさんけっこう痛飲されたようで。
うははははは。下戸の私は、不参加でよかったかも。(笑

でも、楽しいお酒だったようですね。
よかったよかった。

http://www15.atwiki.jp/cho1off/tb/28.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

「超」-1作品集入手

本日、本屋の開店を待って、
「超」怖い話 超-1 怪コレクション
を入手いたしました。
後ほど、なめるように読ませていただくとして、まずは「超」怖い話ページを更新して、本書の紹介をします。
帯の惹句は、相変わらず、すばらしい。
今回は特別に、私の方でも独自に惹句を付けさせていただきます。

「超」-1に参加された皆様、おめでとう。
そして、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

そして祭りは区切りを迎える

とにかく、新刊の「超」怖い話シータを読むまでは、公式ページを読むまい、と決めた。
つらかった。
何度となく、公式ページの「超」-1に関する部分をクリックしようとしたことか。
それはもう、手淫の味を覚えたばかりの思春期の頃、手が股間に行こうとするのをガマンするよりもつらかった、といえばわかっていただけるだろうか。

講評中、また獲得点数が発表されてからも、ずっと悩んでいたことがあった。

どうしても、新著者はひとりじゃないといけないのか、と。

けっこう多くの方がそう思っていたのではないかと、今、想像する。
結果は、1位が2名という形になった。
正直、ほっとした。
ひとりだけに決めてしまうには、次点に続くであろう方(わたし的には複数名だ)が、あまりにももったいないと感じたからだ。
まだまだ捨てがたい人はいる、という意見もあろうが、きりがないし、これからの成長に期待ということでどうだろう。

さて、1位のお一人である高山大豆氏。
この方は、ビーケーワン怪談大賞という別の怪談大会でも、大賞の方をさしおいて話題になった方だ。
筆名からして、「超」怖い話を意識したもので、遊びすぎじゃないかとか言われていた。
今大会でも、結構早い時期から、「あの話を書いたのは大豆ではないか」とか、著者同定がなされた後も、「30番は大豆ではないのか」とか、2ちゃんねるのスレッドで言われていたりしていた。
なんとなく、批判的な文脈でそう言われることが多かったような気がするが、結果として、そう書かれた方はズバリ正解だったわけだ。

かくして、加藤氏言うところの「生け贄」は決定した。
架刑されたお二人は、これから、「読者」という処刑人から、数え切れないほどの槍を全身に受けることになるのだ。
しかも、死ぬことは許されない。
つらいねー。ガンガレ。

もうお一方の1位であるロールシャッハ氏。
神風は吹きましたか?

http://app.blog.livedoor.jp/chokowa_party/tb.cgi/50540682
http://chabin.blogtribe.org/tbinterface.php/3ba0226db54ff5f2b6137cb4b8fb1423

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

仕事早ッ!

加藤氏からメール。
えっ、もう先日の投票結果を出したの。
さっそく、いそいそと結果発表ページを見る。

・・・おおむね、私が投票したとおりでした。
「超」怖いスレで、私が誰を推しているか書いていた人がいましたが、残念。
私は著者推薦に30番さん、成長を期待できる方として5番さんを推しました。
やはりあれだけの作品を投稿し、なおかつあれだけの高得点を得た方を無視できるはずもありません。
いくら投稿作品を多くしても、その多くがマイナスポイントだったら、ああいう結果にはならないわけですから。

「超-1」ベストとして投票した作品のひとつは、「練習」でした。
著者としての獲得ポイントは低かったかも知れないけれど、あの話の臨場感、怖さ、かすかな滑稽さなど、捨てがたいものがありましたので。

モニターの前でため息をついている方も多いのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

驚いたこと

公開審査中、その文章のあまりの奇妙さに、講評者の話題が集中した作品群があった。
作品同定がなされて、あらためてそれらを見てみたのだが、のけぞってしまった。
その作品群は、すべて同一人物というわけではなかったのだ。
具体的には、下記の通り。

「できごと」「手」「響き」37番さん
「トイレ」「京都でのできごと」28番さん

奇妙さというか、文章のまずさの方向性は、両者全く同じ。
講評していた当時、私はこの作品の作者は結構な年配であろうと読んだが、今もその考えは変わらない。
さて、同じような文章スキルの御老人お二方が応募したのか、同じ人物が別ネームで応募したのか?
いずれにしても、怪談に限らず、どんな文章(自伝だろうがエッセイだろうが)を書いても、現状では読むに耐えないものなのは間違いないと思われ。

「京都でのできごと」の講評の中に、「後期になってこんな作品を応募するとは」と驚いて(あきれて?)いる方がいたが、かなりの年配の方で、ネット環境を持っていない方と仮定(つまり郵送組)すると、納得がいく。
要するに、どんな作品が応募されているのか、全くわかっていなかったのではないか。たぶん、コメントや講評も読んでいなかったのではないだろうか。

さらにさかのぼって考えると、この方たちは、そもそも「超」怖い話の読者なのだろうか?
いや、応募してきたのだから、なんらかの方法で応募規定を知ったのだろうが、これから自分が応募しようとしている作品と「超」怖い話に載っている怪談群とを比較して、違和感を感じなかったのだろうか?
作品よりも、作者自身に薄気味悪さを感じたお二人であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふと思ったけれど

17番さんの初期応募作。
怪談として読むからあの書き方が問題になったのであって、たとえば心霊スポットのルポルタージュとかだったら、なんの問題もなかったのではないかな。
文章力はある方だと思うので、迫力のあるルポになるんじゃない?

ブログとかサイトをお持ちなのかどうかは知らないけれど、そういうダークなルポを読んでみたい気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

著者推薦

今日が著者推薦の締め切り日。さてさて。

上位陣を獲得点数で言うと、30番さん、5番さん、19番さん、23番さん、58番さん、17番さん、ということになる。
この中で30番さんは圧倒的な物量と点数を獲得されていて、これは誰も文句の付けようがないだろう。しかも作品内容はバラエティに富んでいる。
一方、5番さんと19番さん。
これが実に、私好みの話を書いていらっしゃるのだ。
奇妙で怖い「木の枝」や「神社」、背筋も凍る「リュウグウノツカイ」や「哭き瓶」、捨てがたいよなあ。
そして、ぶっとんだのが17番さん。
この方の初期応募作には、徹底して-3を付けた。
結果としてこうなったので、仕方ない。怪談の体をなしていない話ばかりだったし。
まさかその17番さんが、閲覧者を恐怖のどん底に突き落とした、あの「てるてる坊主」を書いていたとは。
その後も、高得点を得た作品が多い。要するに、みごとに軌道修正されたということで、読者のニーズに応える能力にかけては、この方が最も優れているかも知れない。
感服しました。本当です。
ただし、逆切れとしか思えない「見鬼」はいただけない。前後の愚痴さえなければ、文句なしの3点だったのにね。

上記をふまえ、著者推薦、次点候補、作品集に入れるべき作品などを投票いたします。
(ウルトラQのLDを見ながら)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

さてどうしたものか

「超-1」投稿作の作者が同定された。・・・と、こういう書き方でいいのかな。作者名まではわからないけれど、どれとどれを書いたのは、何番の人だったか、ということで、要するに、「えっ、あの話とあの話は、同じ作者だったのか!」とぶっとんだりする。
つーか、私はぶっとびました。おろろいた。
で、著者を推薦するに当たって、どういう風に分析していけばいいのだろうかと、ただいま思案中。
単純に獲得点数だけで考えるのなら、文句なく圧倒している方がいらっしゃるのだけれど、他の方々も、捨てがたい人がわんさかなので、正直困る。

とりあえず、上位6位までの方の作品を抜き出し、投稿順に並べ替えてみようかと思っている。これで、スキルアップの具合がわかるかも。
あと、その方々の各作品に、自分がどういう点を付けたのかも考慮してみる。
その人に対する評価がどう変わっていったかも考えてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月31日 (水)

実話怪談と創作怪談

「超-1」は、「実話怪談であること」を応募条件のひとつにしています。
「超」怖い話が実話怪談を集めた書籍であり、その新著者を決めるためのイベントなのだから、当然といえば当然の条件でしょう。
が。
途中までしか講評しなかったものの、応募作の中には「創作」も混じっているだろうな、と考えています。文章を書くことの得手不得手や叙情表現過多で「小説っぽい」と講評された作品以外でも、体験者から話を聞いて書いたのなら、そんな間違いはしないだろう、という作品。
たとえば、私がくさいと思っているのは、これ。

http://sasainakyoufu.txt-nifty.com/uragawa/2006/03/post_65af.html

この講評では言及しませんでしたが、(茶々は入れてます)面と向かって体験者から話を聞いたのなら、体験者が日頃どういう言葉遣いをする人か、わかっているはず。
なのに、体験者の話す言葉が、最初と2度目とで、性別がわからなくなるほどに、違っている。
これは、ありえない。

ところがですね、創作では、こういうことはしばしば起こりえるのですよ。
キャラクター設定時に、この人物はこういう性格で、こういう話し方をする、とはっきり決めて頭に入れておかないと、途中からキャラクターの性格が変わったりします。
なので、この話に関しては、わたし的には、実話とは思えないわけです。

あとは・・・人嫌いで厭世的な人物なのに、どうやってその人物からそんな呪詛にまみれた話を聞き出せたのかなあ、とかね。
なんて話だったかな。熱帯魚にまつわる話。

ま、530話も集まれば、妙なのも混ざりますよね。
本人の良心次第ということなので、外野がやいのやいのと言うことではありませんが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧