2009年10月17日 (土)

吉見百穴

「よしみひゃくあな」と読みます。
埼玉県にある旧跡。古代の埋葬地あと? とか。
埼玉の温泉を取材するついでに、見に行ってきました。
「神の落としもの」にも、ちらっと出ますし。(ストーリーに関わるような重要なファクターではありませんが)

A_2

全体はこんな感じ。

A_3

こんな大きな穴もあります。
何かと言うと……

A_4

拝観料は300円。微妙。500円だったら入らなかった。(せこっ!)

| | コメント (0)

2008年8月15日 (金)

瓢箪山稲荷神社

近鉄電車奈良線、瓢箪山(ひょうたんやま)駅近くにある瓢箪山稲荷神社に母親を連れて行ってきました。
つい先日も母親連れで行ったのですが、母親が妙にここを気に入ったらしく、「また行きたい」との仰せ。
瓢箪山駅を出て商店街を歩くと、その中に参道入り口があります。
こぢんまりとした神社ですが、摂社末社がたくさんあって、見ていて飽きないですね。

場所

初めて行ったときは宮司さんから母親の生年月日を聞かれ、それを元にいろいろと判断してもらいました。(こちらからお願いしたわけではなく、先方が勝手に。むろん無料)
今日は親子でおみくじを引いたところ、ともに大吉。うれしいものです。
で、宮司さんにご挨拶したところ、占いこそなかったものの、いろいろと話を聞かされました。
どうもこの宮司さん、相当にお話好きのようです。

それにしても、今日も暑かった。
もう少し涼しくなってから、また行くとしましょう。

| | コメント (0)

2008年4月26日 (土)

太融寺

大阪市北区、曽根崎警察がある通りを東に少し歩いたところにあります。

大阪市北区太融寺町3-7

ビルに囲まれた中にあるお寺ですが、境内に入ってみると、意外に落ち着いた雰囲気で、なかなかけっこうです。
本堂の御本尊以外にもあれこれと祀られていて、楽しいと言うと語弊がありますが、気持ちよく過ごせるお寺です。
以前、初めて訪れて、気に入ったので今日も行ってきました。
そこで、ちょっと奇妙な出来事があったのですが、それは別記事で。

| | コメント (0)

2008年3月12日 (水)

四天王寺さんの供養

近いので、ちょくちょく四天王寺さんにはお参りに行っています。

Rokuji

↑ 六時堂
ここにお参りする人が一番多いかな。
裸祭り「どやどや」の舞台でもあります。

Nansyou

↑ 南鐘堂

Kamei

↑ 亀井堂
供養のための経木をこの中にある亀の形の井戸に浮かせます。
珍しいので、見物される方が多いお堂です。

Annai

↑ 供養の案内板
一般的な供養はともかく、ここで人形供養をしていると知ったのはつい最近のことでした。
和歌山の淡島神社など、人形供養で有名なところだけだと思っていました。

| | コメント (0)

2008年2月26日 (火)

弓削神社

ちと必要があって、男性器や女性器を祀っている神社を調べました。

タイトルの神社は、熊本市の近くにある、いわゆる陰陽神社。
以下で詳しくレポートされているので、ご一読を。

弓削神社

ここを知ったのは確か「ナックルズ」の記事だったかと。「GON」だったかな? まあ、その手の雑誌です。
その中で、呪いにまつわる恐ろしい神社と紹介されていて、ずいぶん以前ですが、取材しました。
やはり、奉納された絵馬が恐ろしかったですね。
男根女陰共に、無数の釘が打ち込まれて、浮気封じを念じられております。
そんな絵馬が数え切れないほど奉納されている風景は、鬼気迫るものがあります。
「冥婚人形」や「ムカサリ絵馬」は涙を誘いますが、こちらの絵馬が発するのは、ただただどろどろした怨念のみ。

地図

右上にある法皇社というのが、弓削法皇神社です。

| | コメント (0)

2008年2月10日 (日)

石切神社上の宮/お湯かけ神事

今日は母親を連れて石切神社に行ってまいりました。
先に下にある本社にお参りし、(どっちかっつーと買い物メインw)ひいひい言いながら坂を登って、上の宮へ。
時刻はちょうど昼前で、妙に人が多い。
何かあるのかなと思って境内を見回すと、毎月第二日曜正午から、お湯かけ神事があるとのこと。
正確には「御湯神楽神事」と言う。
神主さんが祝詞をあげ、境内の真ん中に置かれたお釜の中のお湯に、巫女さんが笹の葉を浸し、お湯のしぶきを参拝客に振りかける。
そのお湯に、御利益があるんですと。
おごそかな神事なんだけど、笹を振ってお湯を振りかける巫女さんの仕草が面白くて、つい笑ってしまう。
面白かった。

| | コメント (0)

2007年12月 3日 (月)

石切神社上の宮

近鉄奈良線石切駅に、石切神社がある。
この名称で検索すると、ヒットするのは、たいてい駅から坂を下った場所にある神社であるが、実は駅から坂を登ったところに、石切神社上の宮、というのがある。
下にある神社と違ってほとんど参拝者もなく、それはもう静かであった。
石切神社上の宮からさらに細い道を登ってゆくと、小さな社やお堂に行き当たり、さらに登ると、日蓮宗大安寺というお寺に行き着く。
ここもまた参拝者はなく、恐ろしいほど静かであった。
途中の山道はよく整備されていて歩きやすかったが、誰一人いない道をとぼとぼと歩くのは不安だった。
いや、冗談ではなく、怖かったですよ。

あの雰囲気はよかったなあ。
真言密教系のお寺に好んで行っている私。ここは日蓮宗だけど、気に入ったので、また行こう。

| | コメント (0)

2007年11月19日 (月)

聖天山 正円寺

以前紹介した「浪花ことばせんべい」のお店がある阪堺線松虫駅から少し歩いた場所にある、通称「天下茶屋の聖天さん」。
こぢんまりとしていて、近隣住民の人ぐらいしか参拝に来ないようだ。
その分、静かに落ち着いて参拝できるので、むしろありがたい。
四天王寺などは観光客で賑やかすぎて、うるさい。
歓喜天をお祀りしているので、どちらかと言えば、現世利益の神様。
まあ、このところ浅ましい現世利益しかお願いしていないのだけどね。
気に入ったので、ここもちょくちょく参拝させてもらおう。

地図

| | コメント (0)

2007年11月10日 (土)

生駒/宝山寺

大阪と奈良との境にある生駒山内のお寺。

宝山寺ウィキ

小さな頃からここにはよくお参りした。
通常は本堂の歓喜天にだけお参りすることが多いのだが、先日は奥の院まで足を伸ばした。
比較的早朝だったこともあって人は少なく、気持ちよく参拝できた。
参道からそれて少し歩いたところに「岩谷の滝」という行場があり、深い木々の中でなおかつくぼ地のようになっているため、昼でも薄暗い。
生駒は土着信仰が未だ根強く残っている地域だ。
知識があればもっと興味深く散策できるんだろうな。
信貴山と、甲乙付けがたい。
宝山寺にも戒壇めぐりがあったらなあ。

お好きな方には、ケーブル駅近くに「生駒新地」などと言うものもございます。(笑

| | コメント (0)

2007年5月20日 (日)

木島神社

「奇妙な鳥居」という記事でご紹介した三柱鳥居がある木島神社に行ってきました。

http://sasainakyoufu.txt-nifty.com/uragawa/2007/05/post_9d0d.html
「奇妙な鳥居」

大阪市営地下鉄で東梅田へ。そこから歩いて阪急梅田駅へ。阪急京都線に乗り、大宮駅へ。今度は嵐電(らんでん・チンチン電車)四条大宮駅から、木島神社がある「蚕ノ社」駅へ。
けっこう遠いです。
神社そのものは、わりとこぢんまりしています。
問題の三柱鳥居は、確かに奇妙で、ホラー心をくすぐられまくりです。
痛恨の極みなのですが、カメラを持って行くのを忘れていました。
携帯のカメラで写してみましたが、使い物になりません。
改めて、もう一度行こうと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧