2008年4月10日 (木)

ちょっと悩む

超-1/2008に投稿された話で、主催者サイドから注釈が付き、コメント/トラックバック不可という上で発表されている、「顛末」という作品がある。
注釈によると、前提となる話を読んでいないとわかりにくい内容のため、超-1の規定に引っかかるとのこと。
ではその前提となる話はなんなのだろうと、投稿作を読み返し、わかったのは「家」という話。「顛末」の冒頭の感じではまだあるようにも読めるが、わからなかった。
加えて、超-1関係のBBSでその投稿者が釈明していて、騒動に輪をかけている。
投稿者の釈明を読むと、自分の体験談を知って欲しいから投稿したのだという。
そうだとすると、「家」「顛末」を通して読むと、看過できない矛盾や問題点に気づく。

1.「家」の出来事のあと、投稿者は当事者と連絡が付かなくなったことになっている。
ならば、当事者目線で語られている「顛末」の内容はどうやって知り、誰が書いたのか?
投稿者の釈明が事実であるならば、すべて投稿者の目線で語られなければならないはずだ。

2.「顛末」の終盤部分、なぜかこれまでの「ですます調」が「だ、である調」になり、最後はまるで語り手が死をむかえるような書き方。
投稿者の釈明とは、奇妙な矛盾がある。

話が連続しているというレギュレーション違反を除いても、「実話怪談」と判断するには問題が多い。特に「顛末」後半は、私がいつも問題視している「神の視点」だ。
最終的な判断は主催サイドがつけることであろうが、私自身はこの2作品を認めない。

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

リライト盛況

どうしたんだろう。
今大会は、リライトされる方がやけに多い。
中には作品投稿者の方もいらっしゃるようだ。
作品の講評をし、なおかつリライトもしようというのだから、恐れ入ったファイトだ。
がんがれー。
んで、リライトする以上、その作品に対してトラックバックするわけだけど、あるリライトブログでは、作品タイトル前に【リライト】という文言がない。
これではリライトとして無効なんだけど、書いている方は気づいているのかどうか。
コメントでお伝えしようかと思ったが、コメント・トラックバックともに出来ない仕様になっている。
早く気づいてー。もったいないよ。

リライトについて

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

にゅうどうぐも

初読のときからずっと疑問に思っているのだが、なぜ「蜘蛛」なのだろうか。
一般的な知識からすれば、「にゅうどうぐも」という字を目にした場合、たいていの場合は空に浮かぶ「入道雲」を連想すると思うのだが。
念のためにググってみたが、「にゅうどうぐも」では虫の蜘蛛はヒットしなかった。
講評の中には「タイトルからして蜘蛛のあやかし」というものがあるが、何か勘違いしていないか。
まさか女郎蜘蛛と間違えたわけでもあるまいが。

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

【+5】苦い

文章技術 +2 体験談希少度 +3 合計点【+5】
まず、この作品は「弩」怖い話や「極」怖い話のように、じっくりと書き込まれるべき話ではなかったか。そう思わせるに足る重厚さが感じられた。
「超」怖い話でもたまに見かけ、そしてたいてい評判も高いピカレスク怪談の味がある。(罰当たり系とは少し違う。悪党が、たまたま、踏み入れてはいけない領域に踏み込んでしまった話)
ただ、惜しむらくは話前半の悪徳の手口部分。
ここまで詳細に記さなくても、さっと流せばよかったと思う。
その分、怪異(または怪異の予感部分)を詳細に書いた方が、怖さは増したと思う。たとえば床下の異臭などは、語り手の主観でもう少し詳しく書くべきではないかと。
また、怪異そのものについても、老夫婦が単なる被害者ではなかったというのが、非常に興味深かった。怪異の元凶(であろうこと)も、忌まわしくて良い。
作者が意識してかどうか、タイトルが、最後に語り手に残った怪異の痕跡と、過去に自分がやっていたことに対する思いのダブル・ミーニングになっているのがナイス。

http://www.chokowa.com/cho-1/2008/entry-blog/blog.cgi/20080402162932

| | コメント (0)

2008年2月27日 (水)

古風な文体

これまでの「超-1」でも、文章のくせなどから(たとえば3点リーダーの多用とか)、「ああ、これを書いたのはあれを書いた人だな」と判断できる場合が多々あった。
しかし、今回の「超-1/2008」で、最初の数行で同じ人だとわかる作品が投稿されている。
作風はけっこう重厚で、なかなか読ませる。
ただ、講評でも書かれていたが、その文章が異様に古風で(悪く言えば古くさい)あるため、現在の実話怪談の中にあっては、場違いな感じさえしてしまう。
「これは**県であった出来事です」という出だしなどは、大昔の怪談本の出だし、「これは本当にあった出来事です」などを彷彿とさせる。
他にも、ちょっとした言い回しなどに、妙に年齢を感じてしまう。
けっこうをお年を召された方が書かれているのだろうか? などと考えてしまう。

| | コメント (0)

2008年2月22日 (金)

誰も指摘していないけど

あれは、「カイジ」を意識しているのではないだろうか?
そう思うのは、私だけだろうか?

ざわ・・・

9480

| | コメント (0)

2008年2月11日 (月)

見つけた

シチュエーションや怪現象は違っているが、解決方法は同じだった。

「新耳袋」第七夜 第28章 タイトルも同じ「天」。
神棚の上を人が歩くことによって怪現象が起こることと、神棚内の天井に「天」と書いた紙を貼って解決するのは同じだ。
さて、どう判断すべきかな?
「超」怖の初期で樋口氏が言っていた、「これ、俺が最初に発掘したんだぜ」のパターンだろうか?
人づてに語られるにしたがって、話が変化したのだろうか?
それにしたって、室内で起こる怪現象が違いすぎるよね。
講評諸氏、及び作者御本人は、どう判断するのかな?

| | コメント (3)

天……

神棚の上にどうのこうのと、天井に「天」と書いた紙を云々というシチュエーションは、絶対に読んだことがある。
どこだったか。雰囲気から言うと、「新耳」あたりだろうか。
ちょっと調べてみよう。

| | コメント (1)

2008年2月 1日 (金)

超-1/2008

2008年度の超-1がいよいよ開催されました。

超-1/2008

ブログパーツを設置してみたのですが、本文までもがサイドバーに移動してしまい、わけがわからなくなったので、エントリーブログへのリンクのみ貼っておきます。

| | コメント (0)